業務効率もアップ?オフィスリフォームがすべてを変える!

業務効率もアップ?オフィスリフォームがすべてを変える!

個を大事にする風潮

見るからにオフィスが古くなったように感じて、改修したいとか、従業員が増減でオフィスを新たに考えたい等、年々状況は変わるものです。 何につけても、オフィスの内装工事の予算が気になるところです。 実質は工事の費用相場が重要です。 1坪での単価は、十万円から数十万円が相場であるそうです。

立地や規模から考慮する

仕事内容から起こしてくる内装工事の形態。
すべての作業工程等に応じたオフィスレイアウトが、必須かもしれません。
仕事に直結する、職種や業務のスムーズな展開に応じた、最適なオフィスレイアウトは様々です。
コミュニケーションの取り方や、各セクションとの関連性によっても、その使用する備品やカタチは変わるかも。
昔ながらの、島のような形のオフィスレイアウトでは、現在のような個のスタイルを尊重した業務形態や環境には、無理が出てくるケースも多々あります。
個人の能力を使っていくためにも最適なオフィス環境や、業務効率を考えた、抜本的な改変は日々必要になっていきます。
新しいビルなどの空調まで微細に管理でき、インターネット環境などにも優れて、最新機器が備えられる環境があれば問題はなくても、古い雑居ビルなどで共有設備すらストレスを感じるものであったり、独特の匂いが蔓延していて、とても快適とは言えないものであったり、感じ方は年代でも違い、心身的にも限界があって、社員の採用や他社との商談などにも悪影響を及ぼす時代でもあります。
昔であれば、経年でも内装工事でリフォームをしないで壁紙すら換えずに従前どおりを誇示して頑張ることで経費をかけないことが、美徳のような堅実な印象を与えるものと信じていたオーナーも多い。
今では社員の考えが変わり、インターネット社会になって他社との比較も多くできるようになり、よりよい環境の会社で自分の能力を試したいという考えを持つ実務者も増えたことで、経営者も考えを改めざるを得ません。

少数派の意見も武器

社員の能力を存分に生かす経営を含め、生産性をあげて会社の売上に反映させる仕組みを考える一連の流れの中にも、見せるオフィスや話題性や、最低限の環境の意識などの評価もかわりつつあります。 効率的で無駄のない、社員がリラックスでき良い発想の望める居心地の良さを考えたオフィスレイアウトは、必須です。

居抜き物件などの選択も

相場を知っても、何らかの事情で、様々な物件は探せます。 立地が良く、規模がピッタリの破格な物件も、その用途次第です。 かなりランニングコストに差がつく建物の賃貸料や設備費他についても、納得のいくような節約の要素のある物件を考えることで、費用や資金に関わってきます。