お葬式 葬儀 マナー 服装 女性

お葬式(葬儀)での女性の服装(喪服)|黒のスーツやワンピースで出席はマナー違反?

リュリュセール お葬式(葬儀)での女性の服装(喪服)

お葬式に出席するときの服装ってどういうのがいいか迷っちゃいますよね。お通夜は平服のほうがいいのか、告別式では黒のスーツやワンピースのほうがいいのかとか。へんに浮いてしまうのもいやですしね。

お葬式(告別式)やお通夜に着ていく服装の定番といえば、黒のワンピースに黒のストッキング、黒のシューズですね。

ただし、お通夜の服装としては「とりあえず早めにかけつける」というものなので、グレーや紺などの平服でも構いません。最近はお通夜でも喪服を着る人が増えているようですけどね。

冬場のお葬式の時は防寒対策としてコートを着ることになりますが、これも色は黒や紺、グレーなど地味な色のものにしましょう。ちなみに殺生をイメージするような毛皮や革のコートは避けるように。

また、バッグも飾りのないシンプルなものを選ぶこと。色はもちろん黒です。アクセサリーとしては白や黒のパール、ジェット、オニキスなどが定番ですね。

そうはいっても、お葬式の服装やアクセサリーもお洒落に着こなしたいという方が多いでしょう。

ベルーナのブラックフォーマルコレクションなら、シーンに合わせたワンピース・スーツをお手頃な価格で購入することができます。

おすすめはワンピースにボレロ調ジャケットを羽織るようなタイプですかね。備えて安心、礼儀正しい大人の装い。深さが際立つ品格のブラック。

ピコレースでアクセントをつけたショールカラーのボレロジャケットは、取り外しできるリボンブローチ付き。

上身頃にシフォンを使ったフレアーシルエットのワンピースは、切り替え部分のピコレースがポイント。透け感のあるパフスリーブもエレガントな雰囲気です。

スポンサードリンク

《ベルーナリュリュセール》大人気アイテムが490円〜!安カワショップ!メニュー